無職の場合の影響とは

キャッシング審査 無職

キャッシング審査と無職の場合の影響とは
お金を借りるとき安定した定収入がある人の場合や学生のように将来安定した職に就く可能性が高い立場の人は、キャッシングの審査は通りやすいですが、無職の場合は、無収入のため審査は通りにくいです。

しかし、無職や専業主婦でもクレジットカードの発行ができている場合もありますので、審査が絶対通らないわけではありません。

無職の人でも借金をしてそれを返すことができなくなり、自己破産や債務整理などで借金を免除してもらったり、減らしてもらった経歴がまったくない人であれば、審査は通る可能性があります。

ブラックリストに載っている人で、現在無職の場合は、ほぼキャッシングできる可能性はないと考えてよいです。

クレジット会社や信販会社、消費者金融などは、年収の3分の1までしかお金を貸すことはできないと法律で規定されているため、無職の人がキャッシングすることは不可能です。

そのため、無職の人がキャッシングするには、銀行カードローンが比較的審査に通りやすいです。

無職 審査

無職でもカードローンの審査って通る事は可能?
無職だと、収入が1円もありません。

そのため、カードローンでお金を借りても返済することができないので、審査に通ることはありません。

キャッシング審査 無職
申し込みをしても、無職だとその時点で絶対に通らないと言えるほどです。

しかし無職でも、一部の人は審査に通ってカードローンは利用できます。

審査に通る人とは、年金を受給している高齢者です。

カードローンによっては、年金を収入だとみなしているところもあります。

年金を収入だとみなしているカードローンなら、無職なことが理由で審査に落ちることはないでしょう。

また規模の小さいカードローンだと、収入が1円もない人でも借りることはできます。

しかし収入がゼロの無職にお金を貸すカードローンは、闇金融の可能性が高いです。

闇金融は無審査で貸し付けをしているので、無職でもお金を借りることはできます。

ですが、闇金融からお金を借りると後々トラブルになるので、例え審査にとっても絶対にお金を借りてはいけません。